スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新サイト移転のお知らせ

2015.07.10.Fri.12:11
サイト移転のお知らせをいたします。

TSVocalSchool(新サイト)

上記サイトへリニューアルいたしました。
ご覧いただいている方は、お手数ですが新サイトの方へご移動くださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

チェスト・ミックス・ヘッドの感覚

2013.07.03.Wed.16:07
こちらは池袋のボイストレーニングスクールでの雑記です。

本サイトはより豊富なコンテンツを掲載しています。
-----


発声のテクニックとして、
声を

①チェストボイス
②ミックスボイス
③ヘッドボイス

の3つに分類されることがよくあります。
それぞれの発声、
特に①と②については
別のテクニックを用いて発声します。
※最終的には同じように感じるまでになる。

体感では
①チェストボイス・・・口腔で響きを感じる
②ミックスボイス・・・口腔と頭で響きを感じる
③ヘッドボイス・・・頭で響きを感じる
のように捉えられがちですが、
そうではありません。

チェストでも比率は低いですが、頭の響きを感じますし、
ヘッドでも口腔の響きを感じます。

したがって
①チェストボイス・・・主に口腔で響きを感じる、比率は低いが頭にも感じる
②ミックスボイス・・・口腔と頭の両方ともに十分に響きを感じる
③ヘッドボイス・・・主に頭で響きを感じる、比率は低いが口腔にも感じる

と考えるべきです。

そしてそう歌うことが、
それぞれの声区の音色の違いを少なくしてくれます。

特にチェストボイスでは、
口腔だけの響きを意識して歌ってしまうと、
つぶれた豊かさのない声になりがちです。
口腔に主に響きは集まるのですが、
それだけでなく
口腔に収まりきらない響きが
頭でも響くとイメージしてみてください。
(あくまでイメージの話です。)


ファルセットのように

2012.11.14.Wed.17:02
こちらは池袋のボイストレーニングスクールでの雑記です。

本サイトはより豊富なコンテンツを掲載しています。
-----


イタリア人の歌手で参考になるレッスン動画がありますので、
アップしておきます。

彼はレッスンの中で、
高音を
ファルセットを考えて、
しかし、息の量は抑えて
歌うようにとレッスンしています。
ただ、もちろんただのファルセットで歌ってはいけません。

私は高齢ではないので感覚的にわかりませんが、
地声に比べミックスボイスは
年齢による衰えが緩やかなのだそうです。

70歳を越えた方が、
このような素晴らしい声を保っていることに
驚きですね。
HiF(高いファ)まで出しています。

他の話している内容も気になる方は
是非イタリア語を勉強してください。笑

2つめに彼が90歳のときの動画です。
信じられない・・・

そして3つめに彼の現役の動画も同時に載せておきます。
これもまた素晴らしいですね。





輪状甲状筋

2012.06.22.Fri.15:55
高音を出すのに必要な
輪状甲状筋
ですが、

下記動画がとてもイメージしやすくわかりやすく
解説されています。

私とは関係ありませんが、
2次元ではなく、
3次元でイメージできるので
紹介させていただきますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。