スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニングの際の注意事項(ミックスボイス含む)

2014.03.18.Tue.16:24
こちらは池袋のボイストレーニングスクールでの雑記です。
-----


ボイストレーニングの際には
練習のしすぎ
酷使のしすぎ
間違った歌い方
には
よく注意すべきです。



1.限界以上の声を出すことは危険


歌を歌う筋肉(特にミックスボイス)は
練習期間を重ねるに連れて
次第に発達してきます。


そのため、
それぞれの喉の現状にあった
ヴォリューム、歌い方を
すべきです。

通るべき過程を通り越して
理想とする声を出そうとすると、
必要以上の負荷が生まれます。



2.無理をすると悪い癖を覚える


それは、悪い癖を
身につけてしまうことに
繋がることになります。

癖は一旦定着してしまうと、
取り除くことが
難しくなってしまいます。


これは是非避けたいところです。



3.疲れていたら練習はしない


また、
喉が疲れているときは、
練習をしないことを
お勧めします。

筋肉をさらに痛めてしまいますし、
そういう状態では
いいトレーニングはできないでしょう。

また、練習しているときは
正しいフォームであるかを
意識して下さい。



4.忍耐力をもって成長していこう


最後に
ボイストレーニングにおいては、
少しずつステップアップすることは
とてと大切なことです。

他のページでも述べていますが、
特にミックスボイスは
いきなり自分の目指す声が出ることは、
特別な例を除いてありません。

忍耐も大切なポイントの一つです。

毎日ただ歌うのではなく
明確な目的を持って
トレーニングしていきましょう。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。