スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノマネをすること

2012.07.31.Tue.12:01
こちらは池袋のボイストレーニングスクールでの雑記です。

本サイトはより豊富なコンテンツを掲載しています。
-----


好きな歌手のものまねをすることはテクニックの向上に役立ちます。

賛否両論ある問題ですが、
以下のことを理解してモノマネをおこなえば良い効果が期待できるはずです。

モノマネをするときに大切なことは
歌手の声を真似せずに
歌手のテクニック(筋肉の使い方)
及び
音楽性
を真似すべきです。


人それぞれ身体の作りが違いますので、
モノマネする歌手と自分の声質は少なからず違います。


ですので
モノマネする歌手の声を聞きながら、声だけではなく

内部の
・下はどう動いているだろうか
・顎はリラックスしているだるうか
・首回りの筋肉はリラックスしているだろうか
・胸は高く保ち豊かでリラックスしているだろうか
・声帯にはどれくらいの負担がかかっているのだろうか
・息の流れや量はどのくらいだろうか
・姿勢はどのようになっているのか
・その人にとっての何パーセントの声量で歌っているのだろうか
・言葉やフレーズはどのように作り上げているのだろうか
(挙げればきりがありません)
のような
細かい動きまで観察(想像)して下さい。

正しい耳を持っているのであれば、
声からある程度の情報は得られるはずです。

普段の練習、ボイトレ(ボイストレーニング)の時から
良い耳を作るために意識を高く持つことが大切です。

モノマネ芸の秀でた方たちの声を聞いてみると
確かにそっくりなのですが、
その中に
・首周りが緊張している
・胸がかたい
・鼻に入りすぎている
・息が流れていない
などの状態が必ず見られます。
(もちろんモノマネのプロの方はそれを知ってておこなっているでしょうし、
似せることが仕事であります。歌手とはまた違ったとても素晴らしい才能です)
他人の声を真似することは、
不自然な発声を強いられてしまうのです。


必ず声を真似するのではなく、
その奥深くにあるテクニック、音楽性まで感じて下さい。


関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。