スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹に力を入れて歌ったほうがいいですか?

2012.11.08.Thu.11:25
こちらは池袋のボイストレーニングスクールでの雑記です。

本サイトはより豊富なコンテンツを掲載しています。
-----


腹筋は使いますが、
筋トレをしているかのような
腹筋の力の入れ方をしてはいけません。

ですので、答えは
NO
です。

正しく歌っている場合は
弾力のあるゴムのような状態にあり、
息が出るのを調整しています。
(六つに割れているあの筋肉はあまり使いません。
もっと下の腹筋、そしてもっと斜め下の腹筋を使います。)

これが、

腹式呼吸
腹式呼吸のページへ←クリック)

であり

支え

です。

横隔膜と肋骨の運動(呼吸)←クリック についても確認してください。


アスリートのような筋肉をつければ大きい声が出るものではありません。

70歳80歳を越えても豊かな声で歌っている歌手を見てもそれは明白ですね。
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。